読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Platinum Kubera FX 検証評価

Platinum Kubera FX 検証評価

Platinum Kubera FX 検証

Platinum Kubera FXについて検証をしている私のブログに興味を持っていただいてありがとうございます!


このブログでは、これまで数えきれないほどのFX商材を検証してきた経験をもとに、Platinum Kubera FXをいろんな角度から検証・評価した結果をまとめています。

 

 


またブログの最後の方で、このブログだけの独自特典の紹介もしているので、ぜひ最後までお付き合いいただければと思っています。

 

 


■Platinum Kubera FX

 

Platinum Kubera FXのような自動売買プログラム(EA)は過去にもたくさんありましたが、Platinum Kubera FXでは検証期間が比較的長く(2年近く)、PFも勝率も安定しているので、今後の成績も安定してくれる期待が非常に高いです。


逆に言うと、PFや勝率があまりの高かったり、成績がよかったとしても最大ドローダウンがあまりも大きい場合(50%を超えるような場合)、使い続けるのが非常に難しくなります。

 

 

相場状況によって成績が上振れすることもあれば、大きく下振れすることもあります。下振れしたときに、口座資金が足りていないと、無用なロスカットを食らう羽目になります。


Platinum Kubera FXはその点、勝率はほぼ50%でPFは1をちょっと超えるくらいなので、コツコツ負けてコツコツ勝って取り返す、地道なトレードスタイルとなっています。

 

 

他にも、Platinum Kubera FXの特徴はいろいろあるんですが、このブログでは、特に、Platinum Kubera FXを実際に運用する際に注意してもらいたい点を2つ紹介します。

 


・ポジション量に注意

 

・裁量と自動売買を明確に分ける

 


Platinum Kubera FXでは、推奨通貨ペアがドル円とポンド円の2つ、時間足が5分足・1時間足の2つなので、計4つのチャートで動かすことができます。


各チャートで6つのロジックが同時並行するため、理論上、ポジションを最大で24個も持つ可能性があります。

 

 

実際のところ、10個以上持つことはほとんどないらしく、せいぜい3つか4つを持つ程度みたいですが、やはり、ポジション量には気を付けるようにしてくださいね。


ポジションが増えれば増えるほどレバレッジも高くなります。余剰資金が減ってしまい、不必要なロスカットが発生してしまうリスクも高くなります。

 

 

 

公式サイトでも推奨ポジション量が提示されていますが、最大で6ポジションくらい持っても大丈夫なくらい、口座に余裕をもって資金を入金しておくようにしましょう。

 


2つ目のポイントは、自動売買の成績と裁量の成績を明確に区別することです。ごちゃ混ぜにしてしまうと、裁量トレードの検証も上手くできません。


特に最初のうちは、裁量トレードはデモトレードをするようにして、自動売買の成績には影響を与えないようにするのが賢明です。

 

 

いくら焦ったところで、裁量トレードのスキルは一朝一夕に身につくものではありません。ある程度の時間・経験が必要になるものです。


FXの怖いところは、自分ではできるようになったつもりでも、実はできていないことが多く、そのせいで、余計な損失を生み出しまうことがよくある点。

 

 


Platinum Kubera FXのせっかくのメリットを潰さないように、裁量トレードと自動売買をはっきりと区別して、それぞれのトレード結果を検証できるようにトレード環境を整えましょう。

 


最後に、このブログを通じてPlatinum Kubera FXを申し込んでいただいた場合の特典について紹介をしますね。

 



当ブログ限定特典付きでPlatinum Kubera FXを試しに使ってみるにはこちら